職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索

真一郎氏は父英明氏に師事。刀の加飾技術を取り入れ、象眼により模様を入れ華麗な料理文化を演出する。日本料理が味と美しさの文化であれば、料理を作る包丁もそうあってほしいと考える。信頼されるプロの包丁を作る。包丁の堺にあってひとつの歴史を感じさせる英明氏であり息子、真一郎氏は父同様『英』の銘で関西の料理人の個人包丁として広く愛用されている。英明氏の刀剣研摩の下押し技術は中々のものと評判である。

■ 歴史
天正年間(1573年〜)たばこの葉を刻むたばこ包丁が堺で作られるようになり、徳川幕府は堺極印を附して専売したために、全国各地へ拡がった。


 
英明氏 父、山本清次郎に13才より技術を学ぶ。故、山東義一先生より、刀剣研技術を学びその技術を包丁製作に用い、本職料理人より信頼される包丁作りをし現在に至る。
真一郎氏 大学卒業後、大手ゼネコン現場監督。一級建築士取得。26才にて今の道に入る。
 
英明氏 関西料理人の多くから信頼される刃物職人。特に本焼き包丁の切れ味と美しさは、刀剣研摩技術を取入れた研ぎにある。
真一郎氏 従来の堺打刃物より斬新な刃物作りを目指す。漆・象嵌技術の取り入れによる包丁の製作。常に伝統に新しい発想を持って製作に励んでいる。
 
 
英明氏 一意専心
真一郎氏 温故知新
 
英明氏 物を造る包丁は、日本料理、日本の文化を支えていると言っても過言ではない。
何百年も続く技術を、気概と誇りを持って技術の収得、向上に励んでほしい。
真一郎氏 遊びを大切に、伝統の上に新しい伝統を作っていきたい。

 

職人名 山本英明(やまもと・ひであき)
山本真一郎(やまもと・しんいちろう)
職人区分  
雅号又は銘
生年月日 昭和9年9月15日(英明)
昭和32年12月21日(真一郎)
職種(種) 堺刃物
作品(アイテム) 各種包丁
技数(積)
弟子入りしてから手伝えるような状態になるまでの期間
約5年
技の種類や工程
包丁の研磨製作、日本刀の研磨(英明)
包丁の研磨製作(真一郎)
現在の立場(役) 現役(英明)
現役(真一郎)
次代 他  


Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.