職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索
common
common

昔は、おろし金は鍛金のジャンルであり、銅壷屋(どうこや)と呼ばれていた。卵焼きや鍋、急須などを叩き出して作っていた。しかし何故かおろし金を作る職人は、現在、おろし金専門になって全国に2〜3名いるだけである。作品は卵焼きとおろし金が定番である。
ともかく手打ちのおろし金を使うと、他の押しつぶして擦り下ろすようなおろし器は使えなくなる。おろした物の味が確実に違う。
手作りの良さは修理がきくことでおろし金も例外ではない。3〜4回ぐらいは再生できるが、これはプロの話で、一般家庭ではほとんど一生物と言ってよい。家庭用には3号〜4号あたりがお薦めである。今迄お使いのおろし金でおろした物と、是非比べて見て頂きたい。プロが薦める調理器具の一品である。

送料を改定しました。お買い上げの合計額が一万円以上で送料無料になります。(2010,7)

profile 作品の画像をクリックして頂けると、詳細が見られます。

品番 16-6-1
ミニ鶴
価格 2,268円(税込)
購入数
品番 16-6-2
ミニ亀
価格 2,160円(税込)
購入数
品番 16-6-3
ミニ
価格 2,160円(税込)
購入数

品番 16-6-4
箱型おろし
価格 10,200円(税込)

詳細、購入はこちら

品番 16-6-5
おろし金(3号)
価格 10,500円(税込)
購入数
     
品番 16-6-6
銅卸し金・4号
価格 7,500円(税込)
詳細、購入はこちら
品番 16-6-7
おろし金(5号)
価格 6,500円(税込)
購入数
   
         

  お問い合わせ:info@meikoukai.com     特定商取引に関する法律に基づく表示
common
common
Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.