職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索

広島は桐製品の産地である。輸入材が多数入ってきており、とても安い。
東京の桐箱屋さんと比べるとかなり価格が違う。東京では、こうした親方の所から仕入れて売っているのかも知れない。又、特注で数を使う場合などにも非常に便利である。
名工会にもこうした、親方が参加してくれていることは職人さんにとっても、一般のクラフトマンなどにとっても有り難いことである。 
※桐箱をご購入の方は名工会へお問合せ下さい。

  20才の頃、京都の製造業のもとに弟子入りしました。5年間修行の後、実家の手伝いに入り、45才頃、事業を引継いで今日に至ります。
  製品はボックスなので未完成のまま問屋、あるいは個人事業所へ出荷する。そこで、個人経営者あるいは小売のお客様にはすぐ使えるよう、完成品として出荷を心掛けています。
 
  桐の材質が柔らかいのですぐ傷がつく。傷がつかないよう丁寧に扱っている。
  後継者が当地域にはいないので、絶える事がないよう、若い人にも興味をもってほしい。

 

職人名 桑田保成(くわだ やすなり)
職人区分  
雅号又は銘  
生年月日 昭和25年2月4日
職種(種) 桐箱
作品(アイテム)  
技数(積)
次代、素人から始めて手伝えるような状態になるまでの期間
1年間。(材料の変化。年数とともに丸太から枝へと、国産から外産へと移行していった。)
技の種類や工程
カブセ箱、インロー型箱、サンブタ箱 他
現在の立場(役) 生涯現役
次代 他  


Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.