職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索
common
common
堂々とした日本一の樽、野田の醤油樽である。見ているだけで元気が出る。力強さと、大きなタガが色気を漂わせ、樽とはかくあるべきと思わせる。ベテランの親方は、野田の樽の雰囲気を壊す事なく、色々と考え小物を作る。特に玉の井親方の特徴である樽太鼓は、野田樽なくしては出来ないと思える適材であり、その上に親方の工夫が活きて、ついに楽器会社が扱うようになった本物の楽器である。野田の樽を誰が工夫し、今日の形に作ったのか知らないが、大正時代に隆盛を極め、1200名程もいた樽職人の総合技であろうか。叉は、キッコーマンのデザイナーが考えたものか。ともかく大いに歴史を伝承し、余す事なくその流れを再現した数々の作品をご覧下さい。

送料を改定しました。お買い上げの合計額が一万円以上で送料無料になります。(2010,7)

profile 作品の画像をクリックして頂けると、詳細が見られます。

醤油差の購入
品番 16-7-1
樽太鼓
品番 16-7-2
ミニ樽醤油さし
単価 3,675円(税込)
詳細、購入はこちら
品番 16-7-3
野田つの樽
品番 16-7-4
酒器セット

  お問い合わせは:E-mail:info@meikoukai.com     特定商取引に関する法律に基づく表示
common
common
Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.