職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索
編組町
 
番地 区分 名工職人 職種 内容
12-1 名匠(特技)

橋之口幹夫

籐家具 人の出来ない物を作りたい。飽くなき技の追求が日本一と言われる作品を生み出す。橋之口氏は別格である。
12-2 名匠(単独)

渡邊豪和

葛篭 籠に和紙を貼り漆(カシューで充分)を塗る大陸系一閑張り技法。相撲のつづらは最高。
12-3  

堀之内豊明

竹細工 京都の種子田扇丈に指示。本格修業。号は 竹豊斉。繊細な細工を得意としており、一級竹工芸技能士である。
12-5  

小峰 尚

考える籐細工師。数々のアイディアを活かす。頑固さを客が喜ぶ方向に変換する。
12-6 名匠(単独)

松本 栄

江戸簾 江戸の簾師は季節により箒も作った。唯一其の形を今に伝える江戸職人である。
12-7  

石田正一


京竹細工 古都、京都の技文化は、職人技の源流とも言うべき竹細工にも、京都らしさを備えた完成度の高さを見ることが出来る。京都の茶道具を編む親方である。
12-8  

田中義弘

江戸簾 職人の生活を考え先頭を切って職人の販路を開発し活動する。息子耕太郎氏も簾職人。
12-10  

柳田利中

ワラ細工 昭和20年前後は作る人は沢山。今はほとんど皆無。都会のまん中に優れた技師がいる。
Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.