職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索
生活用品町
 
番地 区分 名工職人 職種 内容
21-1  

片山 昭

のれん 江戸の京染め職人の家に生まれる。祖父の影響が強い。冴と丈夫な染めを心掛ける。
21-2  

青山昭次


刷毛 明治のブラシを忠実に再現。文明開化の至高の技の息吹、カシミヤブラシに伝わった。
21-3  

倉田義之
倉田聖史

毛抜き 江戸から伝わる毛抜きの本流は倉田一族。必ず抜け、そして痛みも薄い優れものです。
手軽に一流職人の道具を持つ本家はさすが違います。
21-4  

田中久継

刷毛 東屋をルーツとするブラシ界の重鎮、千社札用、ボディブラシ、洋服用、動物用、洗濯用、そして工業用の特注ブラシに至迄を扱う。お客の大半がリピーター。各種依頼に対応する毛質も豊富である。
21-5  

杉浦和徳

三河黒七輪 昭和30年元興寺修復の際に、百済から伝えられた1400年も前に作った瓦が現役でした。この技を七輪に活かした職人達、その最後のひとりが杉浦親方、黒七輪での焼物はうまい訳です。
Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.